フェズのメディナ admin

ティトゥアンからバスで7時間。道中通り抜けてゆくリフ山脈の山々や平野に広がった農場を眺めていると、イスラムの国であることをつい忘れてしまうほど、ヨーロッパと間違えそうなほど牧歌的な風景です。5箇所くらいのバス停や休憩所で30分づつ停車しては、荷物を積み降ろしたり乗客が入れ替わったりしてゆきます。地平線の向こうに、モロッコでも最も歴史の古い街、フェズの白い街並みが見えてきたのは、夕日が大分傾いてからでした。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 31st 1月, 2008 by admin · No Comments »

ティトゥアンで迷い歩き admin

モロッコの最北部に位置するティトゥアンは、旧市街メディナが世界遺産に登録されているように、古き良きモロッコがまだ息づいています。曇り空の下、寒い町中を、人々は民俗衣装のジェラバをなびかせて足早に通り過ぎてゆきます。これまで旅行してきたイスラム圏と違い、スカーフで髪を隠していない女性が多く、ファッションも幾分か艶やかで西洋化された雰囲気を感じます。
季節のせいか観光客をほとんど見かけない町の中で、僕たちは一躍すべての住民の注目の的となり、あちこちから好奇の眼差しでじっと見られたり、話しかけられたりします。強引な客引きやしつこい物売りも少なく、みなフレンドリーで紳士的。言葉も通じる事から安心して出歩けます。こちらからも好奇心いっぱいの眼差しで、町を散策することにしました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 31st 1月, 2008 by admin · No Comments »

マラケシュで引きこもり Yunjeong

フェズと並ぶモロッコの観光名所、マラケシュに来て5日目です。しばらくは何もせずに中東の旅で疲れた体をリセットしようと思います。

美しいぺトラの写真をアップしました。

Continue reading » · Written on 26th 1月, 2008 by Yunjeong · No Comments »

エジプトの写真をアップしました Yunjeong

首都のカイロとエジプト南部の都市アスワン、それから古代エジプトの都テーベがあった場所であるルクソールとダハブでの写真です。

今はモロッコのメクネスというところでゆっくりしていますが明日、古都マラケシュに移動します。
モロッコはフランスの植民地だったのでフランス語を話せる人がとても多い。フランス語がしゃべれる旦那のおかげで何事も楽にスムーズに進みます。
2月からはいよいよヨーロッパの旅が始まります。

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by Yunjeong · 3 Comments »

スリと国境警察 admin

ヨルダンの次はモロッコへと旅の駒を進めます。
モロッコは以前から一度は訪れてみたいと思っていた国。映画などでも頻繁に登場するため、漠然とした憧れを抱いていました。また、クスクスやタジンなどの料理が大好きな僕にとっては、本場ならもっと美味しいだろうという期待もあります。

アンマンからモロッコへは、One Worldの航空券を使ってアクセスできるフライトがありません。そこで、次のようなルートでモロッコ入国を目指しました。

  • アンマンからマドリードへ飛行機で。
  • マドリードからイベリア半島南端のアルヘシラスまで列車で。
  • アルヘシラスからアフリカ大陸対岸のセウタまでフェリーで。
  • セウタで国境を越えて、最寄りの町ティトゥアンまでタクシーで。

うまく乗り継げば1日で移動できるルートですが、始めての国で深夜にホテル探しをしたくないので、2日に分けて移動しました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by admin · No Comments »

アンマンでまったり admin

ペトラ観光を一通り終えた僕たちは、マドリードへのフライトを待つため、ヨルダンの首都アンマンにやって来ました。カイロのような混沌もなければ、観光名所が詰まった街でもない。地元の住民たちが悠々と生活を繰り広げる穏やかな首都です。
王宮やいくつかのイスラム寺院など観光できる場所はありますが、あまり興味を持たなかった僕たちは、ホテルや街中のカフェでゆっくりと時間を過ごす事に決めました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by admin · No Comments »

ペトラの岩 admin

ホテルの引っ越しなどでどたばたした日とその翌日に、ペトラ遺跡に行ってきました。
ペトラ遺跡はヨルダンで最初に世界遺産に登録された場所としてはもちろん、インディージョーンズ最後の聖戦の舞台として使われたことでも有名です。複雑な地形の岩山をくりぬいて神殿や墓、劇場、住居などが造られた風光明媚な観光地です。アラブの国にありながら、イスラム風の建築では無くローマ建築の影響を強く受けた円柱や写実的な彫刻で装飾された建物は、過去にこの地を支配していたナバタイ人が作ったものとされています。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by admin · No Comments »

暖房とシャワーが問題 admin

強い味方、ポーランド人のヤリックが安く交渉してくれた宿ですが、その夜から早速トラブルが続出でした。見た目はそこそこ清潔できちんとメンテナンスされていそうな部屋ですが、ダハブとは比べ物にならないくらい寒さにも関わらず、暖房が効かない。セントラルヒーティングのラジエーターの下半分は熱いのに、上半分が冷たいままなのです。そのせいで全然部屋が暖まらなくて凍えそうなくらい。シャワーも中途半端に温かいだけ。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by admin · No Comments »

フェズに来ました admin

ほとんど観光客の見当たらないティトゥアンから、フェズに移動してきました。
モロッコでもっとも歴史の長い街。季節外れの観光客も多く、エジプトを彷彿とさせる物売りや勝手にホテルを案内する輩がたくさんいます。
アフリカ大陸とは言え、冬は寒い。毎日ダウンジャケットが手放せません。

Continue reading » · Written on 18th 1月, 2008 by admin · No Comments »

アンマン→マドリード→アルヘシラス→セウタ→ティトゥアン admin

昨日の朝4時から移動を開始し、マドリードへ飛行機移動、その後スペイン国鉄でスペイン南部のアルヘシラスまでグイグイ移動してきました。今日は朝からフェリーでジブラルタル海峡を越えて、対岸のセウタ、その後タクシーでモロッコのティトゥアンに到着。
なんだか移動続きの2日間でしたが、なんとかモロッコに入国しました。
モロッコはイスラムの国で、もちろんアラブ語ですが、もともとフランス領であった歴史もあり、国境を越えた途端からフランス語が通じる通じる。
エジプトからこっちずーっと英語でやりとりしていたので(それも100%通じるわけではない)、とても気が楽です。

明日、世界遺産でもあるティトゥアンのメディナを見学したあと、モロッコの大観光地フェズに向います。

Continue reading » · Written on 14th 1月, 2008 by admin · No Comments »

ポーランド人の威力 admin

エジプトからヨルダンに越境するため、ダハブからバスでヌエバアまで行きました。ヌエバアからはフェリーが毎日4便出ていて、2〜3時間で対岸にあるヨルダンのアカバに到着します。
フェリーのチケットオフィスで3時に出発と言われたので、昼食を食べながら時間をつぶして港に到着。出国審査を済ませて、待合室で待っているとフェリーが到着したようです。時計は4時になっていました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 12th 1月, 2008 by admin · No Comments »

遅くなりましたが新年おめでとうございます Yunjeong

皆様に多くの幸せが訪れることを心よりお祈りいたします。
現在、ヨルダンの首都アンマンにいます。中東の冬は砂漠のイメージとはほど遠くかなり寒いです。特にヨルダンはエジプトより寒くて、昨日から何もせずに引きこもっております。

12月2日から回ったパタゴニアでの写真をアップしました。
チリのプエルトナタレスとプンタアレナス。 アルゼンチンのエルカラファテです。

Continue reading » · Written on 11th 1月, 2008 by Yunjeong · 1 Comment »