モロッコとパリの写真をアップしました Yunjeong

2月1日からヨーロッパを回っていて、今日はスイスに入りました。ここ数日寒さもやわらぎ、少しずつですが春の気配が感じられるようになって来ました。

遅くなりましたが、モロッコの写真をアップしました。
スペインの対岸にある地中海沿岸の町ティトゥアン、世界一複雑な迷路の町といわれるフェズの旧市街、フェズと並ぶモロッコの古都メクネス、そして見どころ満載の街マラケシュです。

それから、9年ぶりのパリの写真はこちら。

Continue reading » · Written on 28th 2月, 2008 by Yunjeong · No Comments »

欧州の旅、開始 admin

2月2日、パリに到着しました。
最後にパリを離れた6年前と変わらぬ、飛行機からの景色。空港の出国審査のいい加減さもそのまま。入国スタンプすらスルーなので、わざわざお願いして捺してもらったら嫌な顔をされました。
11年近く住んだ街だけあって、久しぶりの来訪は感慨深い。日本での生活で少し忘れていた懐かしい匂いを嗅いだ気がし、「来た」のではなく「戻ってきた」と感じました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 22nd 2月, 2008 by admin · No Comments »

マラケシュで何もしない admin

マラケシュまでの移動は、テレビ「世界の車窓から」でも紹介された国鉄で。9時29分にメクネスの駅を出た列車は、8時間かけてマラケシュに向います。これまで何かと時間にはルーズなバスや鉄道ばかりだったので、途中の駅も含めて時刻表通りに運行される列車に感動です。
決して安全ではないらしいので、眠ってはいけないと思いつつもうとうとしながら座っていると、気がつけば首都のラバトを過ぎ、カサブランカを過ぎ、マラケシュに到着していました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 14th 2月, 2008 by admin · No Comments »

メクネスで会った職人 admin

メクネス行きの列車は、僕たちがフェズ駅に到着するとほぼ同時に発車していました。次の列車まで待つと2時間以上何もすることがないので、駅前のバスターミナルに集っているグランタクシーで、メクネスに向うことにしました。
助手席に2人、後部座席に4人というぎゅうぎゅう詰めの状態を、1時間我慢すればメクネスに到着です。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 6th 2月, 2008 by admin · No Comments »

フェズのメディナ admin

ティトゥアンからバスで7時間。道中通り抜けてゆくリフ山脈の山々や平野に広がった農場を眺めていると、イスラムの国であることをつい忘れてしまうほど、ヨーロッパと間違えそうなほど牧歌的な風景です。5箇所くらいのバス停や休憩所で30分づつ停車しては、荷物を積み降ろしたり乗客が入れ替わったりしてゆきます。地平線の向こうに、モロッコでも最も歴史の古い街、フェズの白い街並みが見えてきたのは、夕日が大分傾いてからでした。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 31st 1月, 2008 by admin · No Comments »

ティトゥアンで迷い歩き admin

モロッコの最北部に位置するティトゥアンは、旧市街メディナが世界遺産に登録されているように、古き良きモロッコがまだ息づいています。曇り空の下、寒い町中を、人々は民俗衣装のジェラバをなびかせて足早に通り過ぎてゆきます。これまで旅行してきたイスラム圏と違い、スカーフで髪を隠していない女性が多く、ファッションも幾分か艶やかで西洋化された雰囲気を感じます。
季節のせいか観光客をほとんど見かけない町の中で、僕たちは一躍すべての住民の注目の的となり、あちこちから好奇の眼差しでじっと見られたり、話しかけられたりします。強引な客引きやしつこい物売りも少なく、みなフレンドリーで紳士的。言葉も通じる事から安心して出歩けます。こちらからも好奇心いっぱいの眼差しで、町を散策することにしました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 31st 1月, 2008 by admin · No Comments »

スリと国境警察 admin

ヨルダンの次はモロッコへと旅の駒を進めます。
モロッコは以前から一度は訪れてみたいと思っていた国。映画などでも頻繁に登場するため、漠然とした憧れを抱いていました。また、クスクスやタジンなどの料理が大好きな僕にとっては、本場ならもっと美味しいだろうという期待もあります。

アンマンからモロッコへは、One Worldの航空券を使ってアクセスできるフライトがありません。そこで、次のようなルートでモロッコ入国を目指しました。

  • アンマンからマドリードへ飛行機で。
  • マドリードからイベリア半島南端のアルヘシラスまで列車で。
  • アルヘシラスからアフリカ大陸対岸のセウタまでフェリーで。
  • セウタで国境を越えて、最寄りの町ティトゥアンまでタクシーで。

うまく乗り継げば1日で移動できるルートですが、始めての国で深夜にホテル探しをしたくないので、2日に分けて移動しました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 21st 1月, 2008 by admin · No Comments »

フェズに来ました admin

ほとんど観光客の見当たらないティトゥアンから、フェズに移動してきました。
モロッコでもっとも歴史の長い街。季節外れの観光客も多く、エジプトを彷彿とさせる物売りや勝手にホテルを案内する輩がたくさんいます。
アフリカ大陸とは言え、冬は寒い。毎日ダウンジャケットが手放せません。

Continue reading » · Written on 18th 1月, 2008 by admin · No Comments »

アンマン→マドリード→アルヘシラス→セウタ→ティトゥアン admin

昨日の朝4時から移動を開始し、マドリードへ飛行機移動、その後スペイン国鉄でスペイン南部のアルヘシラスまでグイグイ移動してきました。今日は朝からフェリーでジブラルタル海峡を越えて、対岸のセウタ、その後タクシーでモロッコのティトゥアンに到着。
なんだか移動続きの2日間でしたが、なんとかモロッコに入国しました。
モロッコはイスラムの国で、もちろんアラブ語ですが、もともとフランス領であった歴史もあり、国境を越えた途端からフランス語が通じる通じる。
エジプトからこっちずーっと英語でやりとりしていたので(それも100%通じるわけではない)、とても気が楽です。

明日、世界遺産でもあるティトゥアンのメディナを見学したあと、モロッコの大観光地フェズに向います。

Continue reading » · Written on 14th 1月, 2008 by admin · No Comments »