イギリスで再会(2) admin

順路に従ってしばらく散歩を続けると、池の向こうに城が見えてきました。池の水面に反射した姿も美しい。日本人にとって、ヨーロッパの「城」と言う言葉からイメージされる建物は、往々にしてドイツやフランスのそれで、ここリーズ城は貴族の館といった風情も感じるシンプルな佇まいです。
中に入ると、過去の所有者達が残した家具や芸術品が展示されており、中でも本棚に並んだ書籍に見とれてしまいました。保存状態はあまり良くないけれど、バルザックやシェイクスピアの全集やThe Book of Beautyと題された大判で背表紙の装飾がキレイな本、Early English Furniture and Woodworkと背表紙に書かれた2冊、中を見て見たいけど触ってはいけません。やはり庭園が好きだったのだろう、ガーデニング関連の書籍(大判なので画集かも知れません)の名前もちらほら見つかります。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 5th 5月, 2008 by admin · 3 Comments »

イギリスで再会(1) admin

朝8時にモーテルを出発して、ドーヴァー海峡の対岸、イギリスのフォークストーン行きのユーロトンネル列車に乗るためターミナルへ向いました。ユーロトンネルは自動車限定の列車。ユーロスター特急と同じように、ドーヴァー海峡の地下をくぐって、カレーから約35分でイギリスに到着します。
この日は、日本からやって来た友人夫妻と合流して、いくつかの観光名所を巡る予定。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 5th 5月, 2008 by admin · No Comments »

ポルトガル6日目 Yunjeong現在位置

ポルトガルに対する最初のイメージは、同じラテン系なので人も言葉もスペインに似ているかと思っていました。しかし実際に来てみるとポルトガル語はドイツ語にフランス語を混ぜた感じ?に聞こえるし(つまり難しい)、人々は少し控えめですが穏やかで親切な人が多いです。
今日のお昼のことです。人ごみの中で体が不調なおばあさんのために面倒をみてくれる周りの大勢のポルトガル人たちに心を打たれました。今は滅多に見られない暖かい光景ですよね。

友人夫妻と楽しんだイギリス旅の写真をアップしました。

Continue reading » · Written on 4th 5月, 2008 by Yunjeong · 2 Comments »

欧州の旅、開始 admin

2月2日、パリに到着しました。
最後にパリを離れた6年前と変わらぬ、飛行機からの景色。空港の出国審査のいい加減さもそのまま。入国スタンプすらスルーなので、わざわざお願いして捺してもらったら嫌な顔をされました。
11年近く住んだ街だけあって、久しぶりの来訪は感慨深い。日本での生活で少し忘れていた懐かしい匂いを嗅いだ気がし、「来た」のではなく「戻ってきた」と感じました。
つづきを読む…

Continue reading » · Written on 22nd 2月, 2008 by admin · No Comments »